主治医が見つかる診療所エダマメを間食にとると良い理由!


スポンサーリンク

[主治医が見つかる診療所] ブログ村キーワード

2018年11月8日の主治医が見つかる診療所。

ダイエットの敵だと思われた間食。

いいえ、間食は体にいいんです。

間食に適した食べ物は”枝豆”。

間食が体に良い理由と枝豆の良さを紹介。

食べる回数が多いと肥満度は低い⁈

もはや間食はダイエットの敵ではない。

間食がダイエットの味方になる食べ方がある。

イギリスの研究で食事の回数と肥満度の関係を調べた。

40代の男女を対象。

結果。

1日6回以上食事をした人の方が4回未満の人に比べて、

総カロリーが14%も低かった。

6回以上人の方が肥満度も6%低かった。

正しい間食は健康にいいのだ。

時計遺伝子を増やさない

最近の傾向では、

30~40代の男性の30%以上は夕食は9時以降。

そして肥満が増えている。

昼食から夕食までの時間が長いと

早食いになり、太りやすくなる。

午後9時から午前2時頃にかけて時計遺伝子が増える。

時計遺伝子BMAL1は体に脂肪をつけやすくする遺伝子。

9時以降の食事は太りやすいわけだ。

間食すると空腹感が減りドカ食いを抑えることができる。

血糖値を上げにくい食べ方をする

間食せずに急に糖質を食べると、

血糖値が急激に上がってしまう。

糖質が血管を傷付けて、

動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞を起こしたり、

ガンのエサになることもある。

さらに血糖値を下げる為にインスリンというホルモンが出る。

糖質を脂肪細胞の中に押し込んで肥満のもとになる。

インスリンが余分に出ると反応性低血糖が起きる。

一気に血糖値が下がった時に体が老化するのです。

デザートは食事の直後ではなく、

3時間くらい空けてから食べるのが理想。

血糖値の上がり方が緩やかになり体にやさしい。

枝豆が間食に良い理由

京都女子大学の今井佐恵子農学博士。

ベジ・ファーストを提唱した人物である。

上手く間食を摂ることが大切だと言う。

今井博士がすすめる間食は枝豆。

枝豆は大豆の未熟なものである。

タンパク質を多く含んでいる。

タンパク質と野菜のいいとこ取りができる。

そして、ビタミンCとメチオニンが豊富。

ビタミンCは美肌効果に期待でき、

メチオニンは脂肪燃を助ける効果がある。

枝豆に含まれるサポニンは抗酸化作用がある。

血中の余分な脂肪を中和して排泄してくれる。

大豆コングリシニンとうタンパク質は、

長寿ホルモンを増やすと言われている。

欧米でも人気がある枝豆。

ビヨンセも間食に食べている。

冷凍枝豆を自然解凍すれば気軽に食べることができる。

仕事しながら枝豆って人も増えるかもしれない。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー