アウトデラックス横川尚隆ボディビルによる7つの困難を語る


スポンサーリンク

[アウトデラックス] ブログ村キーワード

2019年2月7日のアウトデラックス。

鍛えると体は変化する。

それを体現した人物がゲスト。

ボディビルダーの横川尚隆。

首周りの太さ、太ももの太さ。

尋常じゃありません!!

ボディビルダーの新星であり、

アウトの新星でもあった!

顔と体がアンバランス

横川尚隆、24歳。

21歳でボディビルダーを目指した。

1年で日本ジュニアボディビル選手権で優勝。

2018年は日本ボディビル選手権大会2位。

次世代エースと言われている。

そして、顔が可愛い~。

ムキムキの体とアンバランス。

横川尚隆がボディビルを始めたきっかけは漫画。

板垣恵介原作の「刃牙道」。

理想の身体は”範馬勇次郎”。

驚きの逆三角形でウエストが細~い。

速く歩けない

憧れの体に近づいた横川尚隆。

この体は日常生活に支障がある。

歩くのもゆ~っくり。

これは敢えてのゆっくり歩き。

有酸素運動をするとカタボリックになる。

カタボリックとは筋肉が分解してしまうこと。

全ての筋肉を大事に育てたい。

だから、早く歩くことをやめた。

それは階段でも同じこと。

普通に上ると脳がカタボリックを意識。

脳をだますためにゆっくり動かないといけない。

と、横川尚隆は考えている。

和式トイレに入れない

横川尚隆はしゃがめない。

太腿も、ふくらはぎもムキムキ。

膝を曲げるのが大変。

和式トイレに行けないと嘆く横川尚隆。

洋式があるじゃないですか。

めげるな!

お風呂でも不自由

いつも身体は手で洗っている横川尚隆。

背中を鍛えすぎて、手が届かない。

横川尚隆は考えた。

壁に石鹸の泡を塗りたくり、

背中を壁にごしごし。

これで背中をキレイにしている。

実は、タオルで背中を洗うことを知らなかっただけ。

次回からはタオルを使うそうです。

なので、この問題は解決しました。

横向きで眠れない

眠る時は仰向けで寝る横川尚隆。

横を向いて眠れない。

肩の筋肉が大きすぎ。

横に向くと、枕のかなり上に首が位置する。

これじゃあ寝ていられない。

もう一生横向きでは眠れないのです。

電車に乗れない

ある日、電車に乗っていた横川尚隆。

3人組のOLが「肩から脚生えてね?」と揶揄。

泣きそうになってしまった。

目的地の6つ前で下車。

「肩から脚生えていね!」

ってボディビル大会のかけ声ではある。

でも、電車内では心が折れそうになる横川尚隆。

とっても繊細なんです。

恋愛ができない

「筋肉は嫉妬深い」

これは横川尚隆の名言。

愛情を注ぐと育ってくれる筋肉たち。

女性と付き合うとちゃんと育ってくれない。

「二兎をなんちゃら、一兎をなんちゃら」

う~ん、筋肉も大事だけど、日本語も大事にしてね。

仕事ができない

横川尚隆は今、個人でパーソナルトレーナーをしている。

1年前までは普通の仕事をしていた。

しかし、仕事はストレスが溜まるので辞めてしまった。

仕事をしたくないのだ。

朝起きるのが面倒くさい。

外出する準備も面倒くさい。

仕事で拘束される時間は眠れない。

筋肉を休ませてあげたい。

そして、働きたくない。

筋肉のためだけに生きたいんですね。

ここが一番アウトかも。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

seesaaテレビ/映画/DVDカテゴリで
常にTOP20 入っている
ながらテレビのWordPressバージョンです。

最新のトレンドを
新しいビジュアル、切り口で
レビューしていきます。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

テレビ番組 ブログランキングへ
follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー